【自由の国の住人】②セバスチャン

前回に引き続き、【自由の国の住人】シリーズ第二弾です!^^
前回は自由人ジャンの紹介でしたが、今日はセバスチャンです!
実際にいる人物ですが、名前はもちろん仮名です♪

フランスという国では、何歳でどうなってないといけない、というような社会的なプレッシャーがありません。何だからどうでないといけないという縛りもありません。いくつになってもみんな自分を若いって思ってます。笑。

良い意味でも、悪い意味でも、まさにネバーランド、、、

セバスチャンは35歳で穏やかな性格だが、しっかりしています!若い頃に海外で暮らした経験があり、どんな状況におかれても臨機応変に問題を解決するという素晴らしい能力の持ち主。パニックになることも感情的になることもなく、常に問題解決に全力を尽くす!う、うらやまし~^^

セバスチャンには大学時代から付き合ってきた彼女がいた。会ったことはないが、同級生なので30代前半だろう。7年間の付き合いを経て、お互い30代後半に突入しようとしている時点で、日本なら普通は結婚、になるでしょう?セバスチャンは7年間共に過ごしてきた(何年間は同居した)彼女に別れを告げることにした。。。

彼が海外赴任の際には、彼女は仕事をやめ、彼と過ごすため同じ国に渡り、そこで仕事を探した。フランス人女性、真面目で健気よね!

けど、フランスに戻った後に彼は彼女のもとを去ることにした。。。本人が言うには、だいぶ前から別れようかなと考えていたらしい。

な、なんで?性格悪いの?なんかあったの?って疑問に思ってしまったが、ボーっと考えに耽っていたセバスチャンにはとてもじゃないが聞けなかった。。。こんなに心ここにあらずなセバスチャンは見たことないぞ!本人もいろいろと複雑だろう。。。

セバスチャンはフランスでは比較的に給料の良いエンジニア開発の仕事についていた。が、つまらないだのやめたいだのしょっちゅう文句をこぼしていた。待遇面や人間関係に関しては全く文句ないが、仕事がつまらないというだけでここまで落ち込むものか、、、

彼はカヤックが好きで、週に何回かは仕事帰りにカヤックの練習に出かけた。週末にはどっかの川で仲間とカヤックを楽しんだ。

いい生活をしているように思えたのですが、、、本人は不満足だった。そしていきなり、夏になったら仕事を辞めて僕は旅に出る、と言い出した!ま、まじか!笑。この歳でこのタイミングで?

日本人の感覚からはとても理解できないが、セバスチャンは言葉通り、夏には仕事をやめ、旅に出た。しかも、パリからアジアまでサイクリングで行くという長旅。。。

旅に出たあとのセバスチャンにはまだ会っていませんが、たまにブログにアップされる写真をみると、本当に充実していてとても幸せそうだった。笑。この自遊人!笑

そこで思ったのだが、セバスチャンが彼女と別れた理由が、もしかしたら自由になりたかったからじゃないかしら?女性は30代にもなれば結婚を考えるのが普通でしょう、ましては7年間も一緒にいたんだから!でもセバスチャンは旅に出たかった。。。笑

35歳で仕事をやめて、長旅に出るのはいいが、帰ったら仕事見つかるの?と心配して聞いてみたら、僕は技術職だから、どうにかなるよ。ウィンク♪笑。フランスでは、いろんな経験のある人を欲しがるのさ、ずっと同じ会社にいると、逆に印象が悪い。3,4年同じ会社で働いたら、自分を高めようとして転職するのが普通さ♪まあ、それでも仕事が見つからないなら僕は他の国に行く!

そ、そうなんだ!その自由な考えが羨ましすぎるよ!まるで鳥だ。笑

私は日本育ちの日本人だから、どうしても自分をワクにはめて、こうでないといけない!と追い詰めてしまう性格だったが、フランスに来てからセバスチャンみたいな人たちに出会い、彼らの生き方をみているうちに、だんだんと自分がハマっていたワクが緩くなった。人生を楽しもう!と思えるようになった。

どうならなきゃいけないのか、ではなく、自分はどうなりたいのか?

フランス人が世界で一番よく人生の楽しみ方を知っているような気がした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪♪♪最後まで読んでいただいてありがとうございます~♪♪♪
ジモモ パリ  にほんブログ村 海外生活ブログへ

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by mint-tea-fumi-tea | 2013-05-15 18:15 | 生活・習慣・社会

世界を旅してフランスに落ち着きました。フランス語と闘いながら楽しくやってます♪お茶とサボテンと旅が好きです!最近は読書にはまってます。


by ミントティー