フランスの有給休暇

フランス人はバカンス好き。
それは本当に本当だった。

仕事の面接で必ず聞かれるのが、今年のバカンスの予定は?
バカンスの予定を配慮してくれる国なんて、フランスくらいじゃないかしら。笑

フランスでは、働き始めた月から、毎月2日くらいの有給が貯まる。
貯まった日にちは自由に取ることができる。
たとえば、働き始めて3ヶ月が経てば、6日以上の有給はあるはず。
そこで4ヶ月目に6日の有給をとって旅行に行ってもOKというわけです。
もちろん職場の状況にもよりますが、よっぽどのことがない限りノーと言われません。

しかも、有給が1年も貯まって使わなかったとしたら、それが給料として振り込まれるか、来年度に繰越になる。
さらに、有給を前借りにもできる!

日本の企業にも見習って欲しいですねー
休息は大事です!

フランス人、仕事は生活の一部であって全てではない、という考え方。
しょっちゅう転職はするし、合わなかったらさっさと辞める。
自由ですよね。。。

ちなみに、契約社員の場合、契約が終了して更新してくれなかった場合、契約期間の全額給料の10%を手当としてもらえる、という法律があるようで。次の仕事が見つかるまでの手当だそうだ。そして3回までしか契約更新ができないので、会社側は正社員に起用するか、手当を支払うか、のどっちかを選ぶしかない。

本当に素晴らしい制度です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪♪♪最後まで読んでいただいてありがとうございます~♪♪♪ ジモモ パリ  にほんブログ村 海外生活ブログへ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by mint-tea-fumi-tea | 2014-03-06 07:13 | 生活・習慣・社会

世界を旅してフランスに落ち着きました。フランス語と闘いながら楽しくやってます♪お茶とサボテンと旅が好きです!最近は読書にはまってます。


by ミントティー